妊娠したい タイミング

MENU

妊娠したい!妊娠しやすいタイミングはいつ?

 

妊娠の最大のポイントは「タイミング」と言われています。
妊娠の第一歩は卵子と精子が受精すること。

 

つまり,セックスのタイミングが重要です。

 

というのも,受精の起きる時期というのはごく短い期間に限られるからです。

 

精子の寿命はだいたい5日間程度といわれています。
射精された精子は,子宮頸管から子宮を通って卵管へ入り,最終的には卵管膨大部と呼ばれる場所に向かいます。

 

その卵管膨大部へ到達するまでに,かなりの時間がかかるとされています。
さらに,排卵された卵子が受精することができるのは,24時間以内であるといわれています。

 

つまり,排卵から24時間以内に,卵管膨大部に到達した精子と出会うことで,初めて受精が起きるのです。

 

そうなると,妊娠しやすいタイミングはいつになるのでしょうか。

 

妊娠しやすいタイミング

上記の期間を参考にすると,排卵の5日前から排卵日の間にセックスをすると,受精が起きる計算になります。
また,さまざまな研究によって,最も受精の起きやすいのは「排卵日の2日前」とされています。
これは卵子の寿命が精子の寿命よりも短いことが理由であるとのことです。

 

排卵日を知るには?

では自分の排卵日はどうやって知ることができるのでしょうか。
病院ではホルモン検査や超音波検査を使って正確に排卵日を知ることができますが,ここでは自宅でできるセルフチェックを紹介します。

 

一般的なのは「基礎体温」です。

基礎体温とは安静状態で測定した体温のことで,朝目が覚めてすぐに計ることが好ましいとされています。
毎日基礎体温を計ることで,おおよその排卵日を知ることができます。

 

女性の基礎体温には周期があり,高温期と低温期に分かれます。
排卵を境に高温期に入り,月経を境に低温期に入るとされているのです。

 

そして,高温期に入る直前,つまり排卵日前後が最も基礎体温が低くなります
また,基礎体温を計ることで無排卵月経や黄体機能不全といった不妊原因に気づくこともできます。

 

次に「排卵日検査薬」です。

これは,排卵直前になると分泌される黄体ホルモンの量を,尿中の濃度で計る方法です。
結果が陽性であると排卵日が近いことになるので,妊娠しやすいタイミングといえます。

 

しかし,排卵日検査薬の精度はまだあまり確立されておらず,現在ではまだ正確とはいえないそうです。

 

最後に「頸管粘液の量と状態」を見る方法です。

頸管粘液,つまりオリモノの量や状態を見て,排卵前であることを知る方法になります。
月経後のオリモノは乾いていますが,排卵が近づくにつれて分泌量が増えてきます。

 

排卵直前になると,透明で弾力性のあるオリモノが分泌されます。
これは実際に指でつまんでみて,10cm程度伸ばしても切れないほどだといわれています。
しかし,オリモノの状態には個人差があるので,当てはまらない人もいます。

 

上記のように,排卵日を予測する方法は数あります。
自分の排卵日を知り,またパートナーにも知ってもらい、セックスのタイミングを見極めることが,妊娠につながるといえそうです。

 

おすすめサイト特集

1.足の冷え性 改善
冷えは妊娠に最大の敵!ということで、おすすめの足の冷え性改善サイトをご紹介します^^
こちらのサイトでは足の冷え性を改善するための方法や、人気のサプリメントなどをわかりやすくまとめてくれてるので、今からすぐに冷え性改善方法を実践することが出来ますよ(人´3`*)

 

2.乳首 黒ずみ
妊娠すると乳首が黒ずんでしまうのをご存知ですか?出産後もほぼ元通りになることはないそうです。
こちらのサイトでは乳首の黒ずみを解消するための方法をレシピ風に紹介してくれてるので、わかりやすく効果も出やすい方法なのでおすすめです^^

更新履歴